Q&A

お客様からよくお寄せいただくご質問を掲載しております

パーツフィーダに関する Q&A

Q1. パーツフィーダで「再利用可能」とありますが?

本体はベアリングの交換と摺動部の調整のオーバーホールにより、いつまでも使用が可能です

Q2. ワークの形状に制限はありますか?

モーター駆動による水平非線形振動のため、超薄物ワークの輸送・供給が可能です。

Q3. ワークが変われば、本体やボール等も変更しないとダメですか?一台で、さまざまな品種の部品を流す事は可能ですか?

ワークの変更には、トラフ部のワンタッチ交換で対応できます。

Q4. ワークを大量に流したり、少量で流したりとさまざまなのですが、振動調整の方法は?

バネ式振動フィーダとは違い、ワークの量による振動の変動は、殆ど影響ありません。振幅の調整は、カムの取替えにより可能です。

Q5. ワークにキズがつきませんか?

水平振動と合わせて整列の各段階でワークの転落が少なく、ワークに与える加速度が極めて小さいので、ワークにキズがほとんど付きません。

クラック検査機に関する Q&A

Q1. 目視では確認できないレベルの微小クラックですが、感知できますか?

性能は、それぞれ以下の通りです。
CT-121,ET-800(オンライン用)で、深さ0.2mm以上、幅≒0、長さ2mm以上のクラック、
CT-3で、F(鋼材)深さ0.1mm以上 、幅≒0、長さ2mm以上の亀裂、
S(ステンレス)、N(非鉄金属)深さ0.2mm以上、幅≒0、長さ2mm以上の亀裂。

Q2. クラック検出以外に、何か機能はあるのでしょうか?

CT-121は、クラック検出機能の他に、材質判別に利用できます。

Q3. 製品の加工後のキズやカケ検出の自動化を検討しているのですが、可能でしょうか?

画像処理を組み合わせることで、ワークのキズ、カケ、寸法測定も出来ます。
「全自動ワーク検査機械」の設計、製作も致します。

Q4. φ10mmくらいのピンに亀裂があるかを確認するのに、CT-121を試してみたいのですが、検査機のレンタルはできますか?

申し訳ありませんが、検査機の貸し出しは行っておりません。
ですが、サンプルを送って頂いて、検査可能か否か、こちらでテストさせて頂きます。

ナットランナーに関する Q&A

Q1. ナットランナーの価格を知りたいのですが?

仕様によって変わりますので、お気軽にご連絡ください。

仮締トルクに関する Q&A

Q1. 仮締トルクとはどういうことですか?

使用時、人間の力でゆるめる事ができるトルクです。
例:ペットボトルのキャップ、端子金具のビス。